お風呂でマッサージはNG?

お風呂でのマッサージは賛否両論があります。

血行が良くなっているため、マッサージ効果が高いと言われることもあれば、水圧がかかり、体質によっては危険とされることもあります。

お風呂でマッサージする時は、湯船からマッサージ部位を出して行うようにするとトラブルが少ないでしょう。
例えば、バストマッサージの場合は半身浴、ふくらはぎのむくみ予防マッサージの場合は湯船の端に足を掛けるようにしてマッサージするとやりやすいと思います。
お風呂場は水や石鹸などで滑りやすいため、くれぐれも安全に注意して行いましょう。
また、のぼせたり体調不良を感じたら、マッサージは中止し、湯船から出て休憩しましょう。
お風呂に入る女の子

お風呂マッサージのメリット

お風呂でマッサージをすると言うことは、裸でマッサージをすると言うこと。
衣服を着ていないためストレスが少なく、のびのびとマッサージできます。
また、ぬるめのお湯につかって身体が温まると副交感神経が刺激され、リラックス効果が得られることも知られています。
お風呂でヨガやストレッチをする人もいますね。
身体が温まり、深く呼吸がしやすいため、部屋よりやりやすくなるそうです。

水で濡れていると摩擦を軽減することができ、ローションやクリームを使わなくても肌に優しく、手軽にできます。
塗れた手でマッサージすると違和感を感じる場合は、ボディソープをよく泡立てて使うと滑りが良くなります。
身体を洗うついでにマッサージするのも良いでしょう。
習慣づけがしやすく、毎日続けやすいのもメリットです。

お風呂でヨガ

おすすめバストマッサージ

バストの皮膚は薄くデリケートです。
素手で優しく動かすようにしてマッサージしましょう。

マッサージ方法

①右手で左のバストを脇の下から横に流すように押す。
お肉を引き寄せて谷間を作る感覚です。

②右手で左のバストを谷間からわきの方向へ押します。
親指で押すと痛みを感じることがあります。小指側の手のひらを使うとやさしくできます。

③左手で左のバストの下を支え、右手で左のバストの上から下に向かって撫でるように押します。

④左手で左のバストの上を押さえ、右手で左のバストを下から持ち上げるように押します。

①~④の動作を10回を目安に繰り返します。
右が終わったら左手で右のバストも同様にマッサージしましょう。