貧乳

胸が小さいことで、悩んでいませんか?

胸が小さいことがコンプレックスで、なかなか自信を持てない女性は大勢います…

胸が小さいのは、遺伝?
それとも、食生活?
胸が大きくなれる方法はある?

ここでは、そんな気になる胸のことについて、紹介していきたいと思います。

胸が小さいのは、遺伝?

親子

違います!

筆者がここまでハッキリ言えるのは、自分と母親の違いが明らかすぎるからです(^^ゞ

筆者も思春期の頃から、小さい胸で悩んでいる1人ですが…
実は、筆者の母親はとても胸が大きいんです^^;

若い頃はもちろん、年を取った今でも大きいままなんです!
なので、個人的には、胸が小さいのは遺伝ではなく、体質だと思います(*’▽’)

親子の、遺伝の関係について

娘は、母親の体質に似ると言われますが…
実は、それすべてが遺伝ではありません。

比較的遺伝しやすいと言われるのは、肌の色や・身長・体臭・薄毛などで…

遺伝かどうか、ハッキリした根拠がないのが、顔や・身体能力・バストなどだそうです。

では、なぜ子供は親に似るのでしょうか?

それは、生まれてから長年ずっと、同じ食事や・生活習慣・生活パターンなどによって、影響されるものが大きいため、親子だけでなく・家族同士が自然と似てくるそうです。

胸のサイズの、遺伝は?

胸のサイズは母親からの遺伝だと、勘違いする人が多いのですが…

それは、遺伝がすべてではありません!

胸のサイズが似ているのは、上で紹介したように親の体質や・長年一緒に生活してきた要素によって、何となく体格や・体質が似てくるだけです\(◎o◎)/

実際は、母親と同じ体格・体質でも、自分の努力で後天的に胸のサイズを大きくすることは、可能だと言われています!

小さいうちの食生活は変えることが難しくても、第二次性徴の時期にホルモンバランスが大きく変わるので、正しいケアをすれば胸は大きくなれます(*’▽’)

今からでも、胸は大きくなる?

少女

なります!

小さい胸でも、正しいケアをすることで、しっかり大きくサイズアップすることが可能です♪

バストの、仕組

バストは、乳腺と・思春期から分泌される女性ホルモンのエストロゲンによって発達します。

そんな胸の主成分は・・・
乳腺が1割で、脂肪が9割です☆

乳腺は、網目状に似ている組織で、周りの脂肪に包まれ・保護されています。

バストアップ方法~

●乳腺の発達による、サイズアップ!
乳腺の働きが活発になり・発達すると、バストのサイズも自然と大きくなります!

しかし、乳腺が発達するのは、女性ホルモンが分泌される時。

・第二性徴期
・生理周期
・妊娠
・出産

以上の時期は、乳腺が発達するので、バストを大きくするチャンスだと言われています♪

●大胸筋を鍛えて、サイズアップ!
大胸筋を鍛えると、胸に筋肉が付くことで、ふっくら大きくなれると言われています。

●脂肪を増やして、サイズアップ!
後天的に最も効率的な方法として選ばれるのが、無駄な脂肪をバストに集めてサイズアップする方法です☆

3つの方法の中でも、バストアップ可能性が非常に高く、誰でも挑戦できる方法です。

要は、バストの脂肪を増やし・キープすることでバストアップ効果が得られます!

そして、バストだけの脂肪を増やすには、最近のバストアップサプリなどを上手に利用することが大事◎

ただ単に脂肪を増やそうと思うと、バストだけでなく・全身にも脂肪が付いちゃうので、太ってしまうんです(-_-;)

そこで、女性ホルモンのエストロゲン成分などを配合したバストアップサプリを使うと、同時に配合されている脂肪燃焼効果のある成分で体に蓄積される脂肪を防ぐことができるんです!

つまり、体は痩せながら、エストロゲン成分でバストだけに脂肪を増やし、サイズアップを狙うということです(´▽`)

ちなみに、そのバストアップの仕組は…

エストロゲンの働き

乳腺が発達

バスト内に脂肪がたまり、サイズアップ

遺伝ではなく、誰でもバストを大きくすることは可能です!


ダイエットしながらバストアップ!
↓↓↓

pururun