バストサイズより小さいカップのブラを使う。
そうすると、カップからお肉があふれるようになるため、胸が盛れて見えます。
特にハーフカップを使うと、その効果がよくわかります。

でも、本当は絶対にやったらダメです!

ダメ

小さいブラを使うと形が悪くなる

特にワイヤー入りブラの場合、バストを押さえつけてしまうことがあります。
胸が潰されている状態です。

胸のお肉は脂肪がほとんどなので、移動しやすい特徴があります。
そのため、はみ出たお肉がワイヤーに沿って流れてしまう危険性があります。

形が崩れるだけでなく、サイズダウンの原因にもなってしまいます。

ブラジャー

リンパの流れが悪くなる

胸の周りにはたくさんのリンパが通っています。
下着で締め付けを強くすることで、リンパの流れが悪くなってしまうのです。

リンパの流れが悪くなると、基礎代謝が低下し太りやすい体質になってしまいます。
ダイエットしても痩せにくいのです。
冷えにもつながるので、冷え性の人は要注意です!

また、スキンケア効果も出にくくなり、肌が老化し老けて見えやすくなります。

胸を大きく見せるためにしたことが、美容にとって悪い結果をもたらしてしまうのです。

ダイエット失敗

はみ出てる?チェック

ちょっと怖くなって来たところで、自分のお肉がはみ出ていないかチェックしてみて下さい。

ブラのワイヤーが痛い

アンダーにワイヤーの跡がクッキリついていませんか?
最近のブラジャーはワイヤーの先が胸に当たらないように工夫されているものが多いですが、そういうブラを使っても痛みがある場合は、ブラジャーが小さい可能性があります。

ブラを外すとすごくラク

ブラをつけていると苦しく感じたり、気持ち悪くなることはありませんか?
ブラジャーは補正目的もあるため、ある程度の締め付け感はありますが、つけているのが辛くなるほどキツイブラジャーは、身体に対して小さいと考えた方が良いでしょう。

胸にシワが寄る

カップの上に胸が乗ってシワになっていませんか?
カップに収まりきれなかったお肉がはみ出ている状態です。
シワがクセになる前に、正しいサイズのカップに合わせましょう。

胸が痛い

フィッティングは重要

「フィッターさんに胸を触られるのは恥ずかしいから」と言う理由で、ブラの試着をしないで購入する人もいますが、ぜひ、試着はしてください。

ブラの形によっても、サイズが変わることがあります。

女性の胸はなにもつけていない状態では広がる傾向にあるため、「測定値より実は大きかった」なんてこともありますよ。