そのブラ、合っていますか?

今使っているブラジャー、本当に自分に合ったサイズなのか・・・?
簡単にチェックしてみましょう。

  • バストに痛みはありませんか?
  • お肉がはみ出ていませんか?
  • カップが浮いていませんか?

一つでも当てはまったら、そのブラジャーはあなたの体形に合っていない可能性があります。

このまま使い続けると、胸の形が悪くなったり、お肉が流れてバストサイズが小さくなる危険が!
今すぐ、サイズ選びを見直してみましょう。

胸元

正しいサイズ選びの方法

バストサイズの測り方

まずは、バストサイズを測ってみましょう。

バストサイズは、アンダーバスト(乳房下の周囲)とバスト(乳頭の周囲)の差で出します。

測る場所
※実際の測定は、何もつけない状態で行います。

胸が大きくて乳頭の位置が下がっている場合や、年齢によりバストラインが崩れている場合は、乳頭が正しい位置になるように、乳房を下から持ち上げて測りましょう。

バストサイズを基準にブラサイズの目安をつけることができます。

ブラサイズの見方

ブラサイズは2つの数値で表されています。
アルファベットの部分が胸のふくらみ(バストとアンダーバストの差)を示し、数字の部分がアンダーバストを示します。

例えば、A65の場合、バストとアンダーバストの差は10cm以内で、アンダーバストが65cm前後の体型の人に合うように作られています。

アンダーバストは5cm刻みで作られていることがほとんどですが、人間の身体はそんなに一定ではありません。
そのため、多少の差であれば、ブラジャーのホックを止める位置で調整します。
ホックで2~3cmの調整ができるようになっているため、5cm刻みでも体型に合うブラジャーがあるのです。
ホックで調整しても窮屈に感じる場合は、アンダーサイズを上げてみましょう。

ブラジャー

ブラサイズを選んでみよう

測ったバストとアンダーバストから、ブラサイズを選んでみましょう。

ブラジャーサイズ表1 ブラジャーサイズ表2

ただし、このサイズは目安です。
身体の凹凸は個人差があるため、サイズ通りに選んでもフィットしない場合が出てきます。
また、ブラジャーのメーカーを変えるとサイズが違う場合もあります。

胸が大きくなればなるほど、サイズとブラジャーのずれが出てきやすいので、試着してから購入できるお店を選んだ方がムダがありません。


サイズ交換OK!大きいブラジャー専門店